学校からのお知らせ

3月3日(水)子ども文庫(最終日)

本の中には別の世界があって、その魅力に取りつかれると最後まで読まずにはいられないという時があります。ただ単純に楽しいからという理由で、本を読む子どもがもっと増えたらいいなと思います。今年度最後の子ども文庫でした。上手にお礼を言えた子ども達でした。6年生は卒業なので借りることができませんでしたが、図書館の先生にお礼を言いにくる子ども達もいました。「えらいねえ。」という先生方の声が聞こえました。

 

2月26日(金)感謝の会

  いつもわたしたちを見守ってくださっている交通指導員さんに感謝する会を行いました。例年は全校での集会で行うのですが、今回は放送で行いました。安達指導員さん、庄司指導員さんへ児童の代表が感謝の手紙を読み、お渡ししたあと、お二人の指導員さんからお話をいただきました。お二人の温かい気持ちが伝わってくるお話でした。

 お二人の指導員さん、いつもありがとうございます。まだまだ寒い日が続くようですが、お体に気を付け、今後もよろしくお願いします。

2月25日(木)なわとびの練習

休み時間になると、なわとびの練習をする子ども達が目につきます。この時期、1.2年生は連続とびやいろいろなとび方に挑戦しています。3年以上は学年毎に長なわとびを使って、20分間で何回とべたかを競います。体育館いっぱいになってクラスの団結力が試されるのがなわとび大会です。コロナ禍の今年は、みんなが集まって行うことは難しいので、学年の体育の時間を使って何回とべたかを競い合っています。特に長なわとびは、なわに引っかかってもすぐに続けられるところがいいですね。励まし合って、自分たちの新記録をめざしてがんばってください。

 

2月14日(日)昨夜の地震

昨夜午後11時8分頃、地震がありました。東日本大震災からまもなく10年目を迎えるにあたって、今回の地震はその余震ということでした。宮城、福島で震度6強。河北町でも震度4を記録しました。夜に教頭が確認し、朝は、教務主任、業務員が点検確認を行い、異常ありませんでした。今後、余震に気をつけながら月曜日から普通授業を行います。また、来週予報されている爆弾低気圧にも十分に気をつけていきたいと思います。コロナ禍でいろんな事が起こりますが、くれぐれもお気をつけください。今後、事あれば一斉メールでお知らせいたしますが、時間外の場合は、このホームページでお知らせすることになります。よろしくお願いいたします。

 

2月12日(金)西里小6年生献立

1月に予定されておりました「西里小6年生献立」が本日給食に出されました。ごはん、牛乳、さんまのかば焼き、磯香あえ、すまし汁、お米のタルトでした。今週のねらいは、「よくかんで食べよう」です。特に、「さんまのかば焼き」は、形が大きくて味がしみていて骨までおいしく食べられるものでした。よくかんで、味わいながら食べました。

 

2月10日(水)授業参観、学年総会

今年度最後の授業参観がありました。大雪で駐車スペースが十分でない中での開催となり,ご不便をおかけしました。また、授業参観も廊下側の窓から参観されている保護者の方もたくさん見られ、感染対策にご協力いただきました。コンピュータを使った学習や外国語授業、子ども達の成長やこれからの目標などがわかる授業でした。学年総会も時間内で終了していただきました。ご協力、ありがとうございました。

 

2月9日(火)2年「スーホの白い馬」

今年もムーミンママクラブの皆様より、2年生の国語の教科書に出てくる「スーホの白い馬」を読み聞かせしていただきました。「スーホの白い馬」に関する絵本の紹介やモンゴルの地平線が見える草原で暮らす人々の写真、民芸品などを見せていただき、子ども達は興味津々でした。また、実際の民族衣装をさわったり着せていただいたりしてとてもうれしそうでした。「スーホの白い馬」を国語の授業で勉強するのが楽しみです。ありがとうございました。

 

2月5日(金)特別な冬

河北町でも西里地区は雪が多い方かもしれません。道幅が狭くなり、車同士がスピードをゆるめながら交差していきます。子ども達の背丈よりも高い歩道の雪壁は特に用心です。先月は西村山で雪かき中の交通事故も発生しました。風雪時は足下に気をつけ、天気が良ければ上からの落雪に気をつけます。そんな中、子ども達の安全を守る交通指導員さんにも、学校玄関の除雪を進んで行っている子ども達にも、感謝です。今年は、特別な冬を過ごしています。

 

2月4日(木)就学時オリエンテーション

朝からの大雪で、雪が一気に積もりました。子ども達を安全に帰宅させるため、4校時限にしてお弁当を食べた後、全校一斉下校としました。一方、食堂では就学時オリエンテーションが開かれました。令和3年度の新入生は9名です。元気はつらつとした里の子たちがみんなキラキラしていました。4月8日(木)の入学式が楽しみですね。

 

2月4日(木)大雪の朝に

今日は、就学時オリエンテーションがあります。朝から大雪になりました。今日いっぱい降り続く予報です。早朝から、学校の周りを除雪車がブンブンとエンジンを吹かせながら、除雪していただいております。本当にありがとうございます。就学時オリエンテーションにおいでの方はお気をつけておいでください。

RSS2.0
本の中には別の世界があって、その魅力に取りつかれると最後まで読まずにはいられないという時があります。ただ単純に楽しいからという理由で、本を読む子どもがもっと増えたらいいなと思います。今年度最後の子ども文庫でした。上手にお礼を言えた子ども達でした。6年生は卒業なので借りることができませんでしたが、図書館の先生にお礼を言いにくる子ども達もいました。「えらいねえ。」という先生方の声が聞こえました。  
  いつもわたしたちを見守ってくださっている交通指導員さんに感謝する会を行いました。例年は全校での集会で行うのですが、今回は放送で行いました。安達指導員さん、庄司指導員さんへ児童の代表が感謝の手紙を読み、お渡ししたあと、お二人の指導員さんからお話をいただきました。お二人の温かい気持ちが伝わってくるお話でした。  お二人の指導員さん、いつもありがとうございます。まだまだ寒い日が続くようですが、お体に気を付け、今後もよろしくお願いします。
休み時間になると、なわとびの練習をする子ども達が目につきます。この時期、1.2年生は連続とびやいろいろなとび方に挑戦しています。3年以上は学年毎に長なわとびを使って、20分間で何回とべたかを競います。体育館いっぱいになってクラスの団結力が試されるのがなわとび大会です。コロナ禍の今年は、みんなが集まって行うことは難しいので、学年の体育の時間を使って何回とべたかを競い合っています。特に長なわとびは、なわに引っかかってもすぐに続けられるところがいいですね。励まし合って、自分たちの新記録をめざしてがんばってください。  
昨夜午後11時8分頃、地震がありました。東日本大震災からまもなく10年目を迎えるにあたって、今回の地震はその余震ということでした。宮城、福島で震度6強。河北町でも震度4を記録しました。夜に教頭が確認し、朝は、教務主任、業務員が点検確認を行い、異常ありませんでした。今後、余震に気をつけながら月曜日から普通授業を行います。また、来週予報されている爆弾低気圧にも十分に気をつけていきたいと思います。コロナ禍でいろんな事が起こりますが、くれぐれもお気をつけください。今後、事あれば一斉メールでお知らせいたしますが、時間外の場合は、このホームページでお知らせすることになります。よろしくお願いいたします。  
1月に予定されておりました「西里小6年生献立」が本日給食に出されました。ごはん、牛乳、さんまのかば焼き、磯香あえ、すまし汁、お米のタルトでした。今週のねらいは、「よくかんで食べよう」です。特に、「さんまのかば焼き」は、形が大きくて味がしみていて骨までおいしく食べられるものでした。よくかんで、味わいながら食べました。